fukidashi_taisyoku_man


少し前から話題には上がっていましたが、今更FIREについて考えてみようと思います。


FIREって?

FIREというのはFinancial Independence Retire Earlyの略で経済的独立と早期退職を目標とするライフスタイルを啓蒙するムーブメントである。・・・だそうです。
(Wikipediaより)

これだけ見ると以前から考え方としてはあったものになることですが、もう少しだけ付け足すと、この背景に貯蓄と利回りで収入を何とかしようという背景が見えてきます。
要はお金をためて、それを取り崩してのみ生きていくというわけではないようです。

一見、FIREだけで見ると「クビ」ってほうにも見えなくなくもないですが。

FIREの考え方について

さて定義については記載した通りですが、FIREって具体的に何をすることを指しているのかについてです。
定義から考えれば、お金をためて仕事を辞めれば、FIRE実現とも言えなくもないのですが、
なんでも退職後の資産の取り崩しに関して4%ルールなるものがあるらしいです。
そして、年間の生活費の少なくとも25倍の貯蓄目標を設定するそうです。

そう考えると、年間の生活費が400万の人なら1億円。300万の人なら7,500万円ということになります。

一般の人でもできなくない数字にも思えますが、ネット上でよく見る貯蓄、特に中央値の金額をみるととてつもなく難しいように思えます。

あとここで25倍の資産で問題ないことはわかりやすいですが、4%ルールのほうの説明をまだしていません。
この4%ルールについては、いったん決めのようなもののようともいえます。
実際に年間4%ずつ資産を崩していってしまった場合、25年で貯蓄が消えることになってしまいますからね。
そう考えるとこの4%には現実味がない状態と言えます。
そのため、冷静にあと何年生活する(したい)かを明確に考えて貯金しないといけない気がします。

FIREの問題点

問題点というならば、先ほどの4%ルールなんかは安直に信じるわけにはいかないということになります。
この4%ルールに従っていた場合上でも書きましたが25年で貯蓄が消えます。
仮に運用で貯蓄の2%が増加し、年間の取り崩しは初期の貯蓄の4%ずつと仮定した場合で、35年でなくなるということになります。
(ここではインフレ率など小難しいことは含めていません)
画像1

こそのため、本当に30歳ぐらいでリタイアした場合で、この仮定に従い過ごした場合、年金をもらえるかどうか分からない年齢のタイミングで資産が尽きてしまうということになってしまいます。
そう考えると馬鹿単純に資産を生活費の25倍とか、4%ルールなんて言ってられないので正しい資産を行う必要があるといえます。 

FIREを自分自身で実現するとするならば

さて自分自身でFIREを実現するならば、ですが現在もう45歳になろうとしています。
最近ブログでは書いていませんが、配当金が年間税引き後60万ぐらい入ってきます。
(日産株がひどいことになってしまったので、今年は保証されてない気がしますが)

そう考えると、あと何歳まで生きたいのか(死ねるのか?)次第では考える必要があります。
私自身の場合ですが、今の資産状況を考えて、実際の支出と配当収入を考えた場合、19年ぐらいしか持たないことが分かりました。

ここから考えるに仮に80歳まで生きようと思うと現時点で資産は6500万円ぐらい必要ということが分かりました。
全然足りない・・・・

もう一つFIREの考え方に貯蓄率を上げていこうという考え方があるので、その考え方を適用し、収入を増やす、支出を抑えるといった行動をきちんと行わなければならいかと思います。

その実現のために、ブログで稼ぐとか、配当金で暮らせるかを現在挑戦しようとしているわけですが、ブログもなかなか集客が見込めていないです。
配当金に関しては、毎回ボーナスを米国株に突っ込んでいるわけですが、今年の冬のボーナスはもし会社辞めた時の税金が払えないのが怖かったので現金でキープしたので配当金の増加は見込みずらい状況です。

なのでFIREというよりは、セミリタイア(軽く仕事をして収入を確保しておく)というのが一番無難な方法かな、なんて思います。

もちろん、すべての支出を不労所得で稼ぎ出せるのが一番いいですが。
(記事作成時間60分)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
よかったら一票を